>トップ >ブログ >2019年10月  昨年12月

2019年10月

10月17日(木)

昨日の不合格の後、上司にマニュアル車が下手と言われたと報告していました。 いつもの通りに出社すると、ちょっと違う指示がありました。 営業車を洗車しなさいと。

洗車が終わると、この車で、大村に行っておいでというのです。 マニュアル車の練習にマニュアルの営業車を準備してくれたのです。 これで、納得がいく練習が出来ます。

佐世保から大村までは道程は遠いのですが。 マニュアル車だといっても、大した違いはありません。 問題は無かったのですが、一つだけ。 コンビニでコーヒーを買って車に戻っても、飲みながらの運転が出来ない!

10月16日(水)

路上検定の2回目です。 前回と同様に順調に試験開始です。 途中、私の勘違いで試験中止と思い違いをしました。 実際は、最後まで試験を終えていました。 しかし、結果は不合格でした。

試験が終わると、合格で無ければ講評を頂けます。 今回の最初の言葉が面白い。 「あなた、マニアルシフトは下手だね」と言われました。 前回には、無かったのですが、チェンジミスが多発。 実際は、もっと酷かったのかもしれません。

不合格の直接の原因は、交差点の右左折で速度が早過ぎ。 お客様を載せて速度を落とさないと、お客様が辛いでしょう。 なるほど、勉強となった試験でした。

実は、試験は、そんなに簡単ではありませんでした。 40km/hの道路から、右折して30km/hの道路に入るルートを走っていました。 なんと、救急車が止まっている。 先行車と対向車が止まっています。

自動車とバイクの接触事故らしいのですが。 事故そのものは、興味がありません。 どうやって進めるかを見定めるしかありません。 暫く待って、状況に応じて通り過ぎました。

10月15日(火)

今日は、2回目の路上検定の直前の教習の日です。 何時もの様に、教習所に行くと、初老の方がいました。 事前に聞いていたのですが。聞くと、私と同年齢。 暫く、一緒に教習の受けることになります。

約一週間振りにマニュアル車で教習を受けます。 教官は、何も言わなかったのですが。 クラッチを踏まずに、セルを回してしまいました。 意味が分からない方は、ネットで検索して下さい。 笑い話です。

10月14日(月)【体育の日】

今日は、体育の日で祝日です。 土曜日に説明した通り、今の私には、祝日は関係はありません。 いつもの通りに、大村に行って免許試験の準備です。

路上検定妨害 写真は、二種試験の技能試験、つまり路上検定のルートに有る交差点です。 一時停止した後、右折や左折が必要な交差点です。 何度も通っていると不思議なことに気付きました。

右側は、普通に考えると広大な駐車場を持つセブン・イレブンの店舗です。 当然の様に、殆どの車は、店舗の近くに車を止めているのですが。 1台だけ、ご覧の通りに離れて、駐車場の角に停めています。 特定の車ではないのですが。今日は軽自動車の様子。

特に、右折するときに、遠くの車を確認して右折の準備をします。 この場所に車が止まっていると遠くが見えません。 少し前進すると見えるのですが、出過ぎると通行の邪魔となる可能性があります。

その前に、いろいろな確認をしながら検定を受けている状況。 こういう邪魔が入ると、確認が辛くなるのは説明の必要も無いでしょう。 なんでこの場所に車を止めるのでしょうか。 どう考えても、検定を邪魔しようと悪意を持って止めているとしか思えません。 信じがたい!

10月13日(日)

佐世保に戻って、8枚切りの食パンが売っていないので、困っていました。 改めて調べるといろいろと分かってきました。 今更という感じもするのですが、紹介致します。

米国では、サンドイッチ文化なので食パンは8枚切りが多い。 関東では、米軍が居たので8枚切りが普通に発売される様になっていた。 所が、関西ではそういう事情が無いので、5枚切りが流行っていたというのです。

関東は東京、関西は大阪。なんで長崎が大阪と一緒かとは思うのですが。 そばの汁を考えると分からなくもありません。 ただ、全国規模のイオン系列は、ちゃんと8枚切りを準備している。 それに対して、セブンイレブンは、九州対応として8枚切りを準備していない。 確かに、8枚切りの需要はあるのに、何かリサーチが足りないのではないかな。

食パンに絡んで、新たな事実が分かりました。 高級食パンの乃が美が佐世保に開店していました。 長崎市内に次いで、長崎で2店舗目とか。 大塔のイオンがある敷地に先月開店していました。

こうやって調べていると、似たような情報が目に入りました。 乃が美と同じ、生で美味しく食べれる美味しい食パンのお店が開店していました。 場所は、早岐。正しくは、権現堂町です。 こ令和すごすぎる件というお店です。 分かりましたか。「これは凄すぎる軒」と書くと意味が分かる。 なんだか、不思議なのですが。 どちらも、9月後半で新規開店していました。

どちらも1斤で400円程度の高級食パンです。 当家では、二人で2斤を一週間で頂いています。 朝食で頂いているのですが。 1週間で800円は、そんなに高価では無い。 ただ、高級食パンを一週間も掛けて食べれない。 それに、買いに行けない。その内に、チャレンジするかな。

10月12日(土)

世の中は、三連休の初日です。 しかし、私の場合は、二種免許を取らないと正式な採用とならない。 だから、当然の様に休日返上です。 しかし、今日は家族の用事があり、休日を申請。 日曜日は休みなので、久し振りの連休です。

用事が終わった後、近かったので、展海峰に行ってみました。 今の時期、コスモスが咲いているはずだったのですが。 確かに咲いていました。しかし、何時もの様にちょっと時期がずれています。 まだまだ蕾です。写真は撮りましたが、紹介する程ではありませんでした。

10月11日(金)

今日も、孤独な練習が続きました。 練習する試験コースには、5つのコースがあります。 繰り返し運転しているとコースのポイントが分かってきます。 ちょっとだけ、紹介しておきます。

坂道発進というと私の時代の免許取得者では誰もが苦労しました。 今どき、オートマが主流なのでまったく意味がないのですが。 マニュアル車だと、試験に入ってきます。 コースの中で、坂道発進は1箇所だけ。 第1コース、第4コースのみに存在します。 但し、大村に坂は無いので、簡単です。

第2種試験では、試験官の指定に伴い、回転、つまりUターンをする必要があります。 第1〜4コースでは、普通に回転が出来ます。 しかし、第5コースのみ道幅が狭くて、一番大変です。 オートマ車の試験で使用されるプリウスだと回転出来ない。 だから、オートマの2種の試験では、第5コースは除外されている。 第5コースに当たると辛いということです。

大村市内には、試験の為だと思われるくらいに時速30km制限の道路が沢山あります。 長い道程を30km/h以下で走り続けることは、体験してどんなに辛いかよく分かりました。 第2・3・5コースに、その長い道程があります。 この部分で、相当に忍耐力が付きました。

第4コースには、国道の50km/h道路から左折する部分があります。 この部分は、一旦停止する状態からで無いと、左折が膨らんでマイナス点が付きます。 いつも乗っている車だと、殆ど問題は無いのですが。 試験車である普通車のクラウンだとかなり厳しい。 重点練習ポイントの一つでした。

10月10日(木)

合格までの特訓が始まりました。 朝から、一人で会社の車で大村まで行く。 一日中、試験コースを走り回る。 なんだか、過酷だと思いませんか。

この時点で与えられた車は、オートマチック車です。 試験は、マニュアルシフトの車なので、マニュアル車の練習も必要だと感じていました。 なんだか、矛盾に満ちて孤独な練習となります。

今日の収穫は、私の癖を一つ発見したことです。 説明した通りに、右左折時などで厳格な確認が求められます。 ところが、あるタイミングで動作が遅れる事が分かりました。

交差点で右左折するときに、30m手前から右左折の合図が必要です。 ところが、先行車がいるとついつい遅れてしまう事が多発。 まあ、遅れるということで、普通の運転に支障が出るという訳ではないのですが。 試験にパスする為には、絶対に改善が必要。 昨日の最後のミスもこれでした。ある意味、収穫でした。

10月9日(水)

いよいよ、技能試験の本番の日です。 出社すると、同僚は連絡が着かなくなったとか。 先週、学科に3回も落ちて諦めたらしい。残念。

技能試験が始まりました。 試験コースは5つの中から、第1コースでした。 なんとなくスタートから中盤までうまく進みました。 大通りを通って、回転を控えた時でした。 回転とは、Uターンの事。 交差点を使わずに、切り返しもせずに回転をしなければなりません。

その通りに出て進むと、左側に駐車している車が居ました。 試験中は、レフトキープ、つまり左車線の走行が基本です。 駐車している車が居ると、右折合図を出して第2走行車線に移行。 例の右後方の確認を適切にしないといけません。

所が、第2車線に移ると、今度は右折車が止まっている。 通常、車線変更は、30m手前からの合図が必要です。 2台の車の間は、30mもありません。 でも、冷静に今度は左折合図を出して、左後方を確認して、第1車線に戻る。 次の回転の為に、また第2車線に移る。

さあ、いざ回転。嗚呼あ!曲がりきれない。 大丈夫では無かったのです。 冷静さを欠いて、ハンドリングの開始が間に合っていなかった。 回転開始位置も適切で無かった。

路肩の縁石にぶつかりそうだったので、試験官がブレーキを踏みました。 ただ、私がぶつかると判断していることは分かった様です。 試験官がブレーキを踏むと、通常はその時点で試験中止なのですが。 試験は続行。バックで切り返しして、回転を完成させなければいけません。 しかし、公道でのバックは、想定も練習もしていませんでした。

完全に動揺してしまっていることは自分でも分かりました。 そこから2つ目の交差点で左折合図が遅れて、試験中止となりました。 そう、バックの時の安全確認が完全に漏れていたのです。 致し方がない。信号が変わって、沢山の車が近付いている。 通常の確認で安全ならとバックをしてしまった。 完全に安全確認が漏れたと判定されてしまったのです。

初回の試験は、残念な事でした。 しかし、マニュアル車の運転は、まずまずと思っていました。 この日に上記のミスが無ければ、合格していたかもしれません。 実際は違うという事を思い知るのですが。

今日は、64歳の誕生日だったのですが。 とんだ誕生祝いでした。あの2台の車。 普通の運転であの様な状況では慌てることは無かったでしょう。 安全確認を確実に履行することは、かなり神経を消耗します。 この2台がミスのきっかけとなったことは間違いないでしょう。 しかし、試験時には、かなりの確率で発生する障害。 こういうことに慣れないと合格は程遠いかも。

10月8日(火)

不思議なモニュメント 今日も代わり映えしない毎日です。 しかし、森園公園での散歩は、少しルートを変えてみました。 森園公園は、駐車場から大村空港の方向に芝生が広がっているのですが。 海岸沿いに反対側に歩くと変わったモニュメントがありました。

まったく、何の説明もありません。 しかも、環境センターの巨大な建物に隠れています。 公園を外周するサイクリングコースなので、サイクリングをする人は見ると思いますが。 まったく意味が分かりません。 私は、不思議なモニュメントと呼ぶことにしました。

そこから、道路側に歩き始めると、犬の鳴き声が聞こえました。 なんだろうと近付いてみました。 長崎県畜犬管理所と書いてあります。 つまり、捨て犬などの受け入れをしている施設だったのです。 環境センターの奥。なんだか、ゴミ扱いの様で可哀想でした。

10月7日(月)

今日も一人です。 二種免許の試験は、毎日は実施されていません。 現時点では、週に水曜日から金曜日までの3日間のみです。 そういうことで相棒は、大村に来る必要が無いのです。

教習の途中で、先生がお弁当屋を教えてくれました。 何でもテレビで紹介されたお店だとか。 美味しそうなので、食べたら報告します。

昼休みは、森園公園に車を止めて食事します。 その後、運動を兼ねて公園を歩き始めるのですが。 大村空港を始め、なかなか景色が良い。 こちらも、その内に報告します。

10月6日(日)

やっと休みが取れました。 週休二日で無い勤務は、久し振り。 しかも、一日中運転するという、若干の過酷さが続いていました。 なんだかホッとした休みでした。

買い物程度で特に報告はありません。 取り敢えず、休みが取れたという報告のみです。

10月5日(土)

普通は、土曜日は休みなのですが、当然ながら、今日も教習です。 早く取らなければいけないので、やむを得ない。 試験場はお休みなので、学科試験はありません。 私一人で大村に行くことになりました。

帰りにガスが残り少なくなったので、補給することになりました。 流石にタクシー会社です。 もちろん、燃料はプロパンガスです。 木曜日にも補給したのですが。 走り回ると消耗が激しい。

10月3日(木)

二種免許の教習の二日目。なんだか、現実的でない運転が必要です。

左折を例に説明します。 最初に左折合図を出して、サイドミラーで確認した後、左後方を目視する。 体を捻って確認することが必要です。 それから、左に寄る。曲がる直前に左を目視してから曲がり始める。 混んだ交差点でこんな事をしたら、事故の元。 しかし、これが出来なければ、二種免許が取れない。 いや、違う。これをしなければ二種免許が取れない。 もちろん、普通の運転でも同様に確認はしていますが、体は捻っていません。 サイドミラーで十分な事の方が多い。

先生に面白いことを指摘されました。 左のサイドミラーで見てご覧というのです。 何と、路側帯を踏んで走っている。 厳密に言うと、法律違反をしながら走っている。

いろいろと自分の運転の癖が指摘されます。 如何にいい加減な運転をしていたかが思い知らされました。 現実的でない運転を強いられる一方で、自分の欠点も曝け出してくれました。 まだまだ、続く・・・

会社からは、会社のオートマ車で大村まで行っています。 50分の教習が終わると、自習運転です。 試験コースは5コース有るのですが。 本番試験に備えて、試験コースを覚えて馴れることが必要。 退社時刻に合わせて帰社するまで続きます。 なんで、マニュアル車で無いのか。 問題が表面化するまで、まだ時間が掛かりました。

10月2日(水)

出社して初めて、今日は学科試験と知らされました。 そして事前に聞いていたのですが、若い同輩がいました。 一緒に大村運転免許試験場に向かいました。 もちろん、会社の車に乗り換えてです。

一緒に学科試験を受けたのは、50人程度でしょうか。 学生から御老体、海外国籍の方まで、いろいろな方がいらっしゃいました。 しかし、二種免許は、3人のみ。 同輩とその他に1名の方が受験されていました。

広い教室に左側に寄って着席。 二種免許は窓際なのですが、天井に蛍光灯が無い場所でした。 カーテンが閉められて薄暗い場所です。 なんとも、環境が劣悪だと思いつつ、試験が始まりました。 しかし、間もなく、試験官がカーテンを開けてくれました。

試験が終わって暫く待ちました。 そうして間もなく発表。合格でした。 残念ながら、同輩は不合格でしたが。

合格した後、次の手順が示されました。 朝には、紹介されていたのですが。 自動車学校の先生から1単位50分間の教習を受けるのです。 一種免許の様に、学校に通うという感じではありません。 1日に1単位の教習を受けて、6日間の教習が終わったら、技能試験を受けるということでした。 そうやって、技能試験の予約を取りました。 試験日は来週の水曜日なのですが。なんと私の誕生日。1回で受かると嬉しいな!

そして、初回の教習が始まりました。 使用するのは、マニュアルシフトのクラウンです。 実際に技能試験で使用する車です。 そして、マニュアル車の運転は、30年以上振りです。 入社を決めた時点で分かっていましたが。 マニュアル車での二種免許が必須となっていました。

流石に30年振りです。 発進は出来たのですが、半クラッチの嵐。 とうとう、エンストまでしてしまいました。 先が思いやられる状況でした。

一種の自動車免許の試験は、場内試験と路上試験となっています。 場内試験は、仮免許取得が目的。仮免許で路上試験を受けるのです。 ネットで検索すると、場内試験を修了検定、路上試験を卒業検定と呼ぶそうです。 何だか、自動車学校を前提としているなと感じるのですが。 実際に免許取得者の97%以上が自動車学校で取得しているとか。

現在の路上試験は、一種でも一部の試験を場内で実施しているのですが。 そういう意味で、二種免許は、路上試験のみでの取得となります。 自動車学校で取得している人も居るらしいのですが。 私の場合は、直接試験場で受ける試験です。 以前は、「試験場で取った」という言い方をしていたのですが。 現在は、正式に一発試験と呼ばれているらしい。 なんだか変だな。

10月1日(火)

今年度の下期の初日です。 更に、私が転職して最初の日でもあります。 転職に際して、退職の翌日に転職後の初日というのも、世の中ではラッキーなのかもしれません。 そういうことで、新しい職場に出勤しました。

転職と転職後の忙しさで、このブログは一ヶ月以上遅れで掲載しています。 Facebookも遅れて掲載していますが、既に転職の説明は掲載しました。 そういうことで、ここではストレートに報告致します。

昨年に帰郷して、ITの経験を生かした再就職を目指しました。 昨年の12月に佐世保で一流のIT企業に就職は出来たのですが。 既に掲載した理由で勤務の継続は困難だと考えました。 そういう経緯の中で、とても重要な事が分かりました。

昨年から求職活動を続けていました。 IT関連の業務には、7社に応募したのですが。 書類選考は、その内の6社。その中の1社が昨日退職した会社なのですが。 残りの5社は、面接すらしてくれませんでした。 殆どの会社は、継続的に募集している会社です。 経歴が不満と言われるのでしたら、仕方がないのですが。 どう見ても、年齢で振い落されたとしか思えません。

応募内容には、年齢不問と書かれています。 これは、法律で年齢を条件としてはいけないとされているからなのです。 結果的に、募集者が私達の年齢を求めていない事が分からない。 制度は、求職者の為と思ってやっていることが、逆に求職者を窮地に追いやっているのです。

今日から新しい会社での勤務です。 なんと驚き。タクシーの会社にドライバーとしての就職です。 そうは言っても、まだ、養成員という立場。 二種免許が取れてから正式社員に成れます。 免許が取れるまで、受験費用、教習費用を会社が負担してくれます。 更に、給与も貰えるのです。

今日は、一日中二種免許の学科の勉強。 明日、受験となることは知らされていませんでした。 90点が合格ライン。模擬テスト1回目が75点。 帰宅するまで6回の模擬テストを受けて、やっと合格ラインという状況でした。 流石に難しい。

ここから先月分(暫く掲載します)

9月30日(月)

いよいよ今年の上半期が終わりました。 そして、私が勤める会社の所属も今日で終わりです。 所属していた会社は、日本ビジネスソフトという会社。 佐世保市から直接IT関連の開発を受注しているので、多分佐世保では最大のIT企業。 IT技術者としては、普通なら申し分無い会社でした。

出勤の必要は無いのですが。 社員証などの返却があるので、午前中遅くに挨拶を兼ねて出勤しました。 一緒に仕事をした方々にも挨拶はしたのですが。 一番お世話になった方は、月末処理で不在です。 かなり寂しく、最後の勤務を終えました。

そういうことで、とっても慌ただしい月末でした。 実際は、月が明けても別の忙しさに追われて、ブログ掲載はとっても遅れてしまいました。 詳細は、ここでは説明しませんが。 来月のブログを参照下さい。

9月29日(日)

何時もの様に、家内がどこかに行こうと言います。 今日は、初めての唐津。唐津城とかいろいろあります。 母を誘って、向かいました。 佐世保から唐津には、伊万里を過ぎたところから、西九州自動車道が整備されています。 割と早く着くことが出来ました。

唐津の虹の松原 唐津と言うと虹の松原。 初めてで勝手は分からないのですが。 案内に従って鏡山展望台に登りました。 虹の松原の前に高台となった鏡山展望台。 そこから虹の松原の風景を撮影しました。 トップページには、パノラマで掲載してします。

でも、この撮影は簡単ではありませんでした。 この場所は、鏡山公園というのですが。 一番高いと思われる場所は、佐用姫神社という場所。 しかし、高過ぎて安易に母を連れてはいけません。 取り敢えずはと、私のみ走って行ってみました。 確かに展望は良いのですが。 佐用姫神社は、その伝説を除けば大した場所ではありませんでした。

家内と母は、駐車場の近くの売店と池で楽しんでいます。 私は、佐用姫神社の反対側の鏡山展望台まで走っていって撮った写真でした。 家内も母も、そこまで行かなくて良いというので、帰って写真で見せることにした次第でした。

虹の松原の近景 鏡山公園を降りたら、実際に虹の松原の中に入ってみました。 一部分を切り取ると、こんな感じです。 こんな感じで松原が続いています。 しかし、それでも風格を感じませんか。

唐津城の展示物 もう一つの唐津の見所は、唐津城です。 唐津城に着くと、いろいろと大変でした。 唐津城の有料駐車場は、道路を挟んで反対側にあります。 普通に駐車して向かったのですが。 道路は、横断禁止。地下道を通って行く必要があります。 しかし、地下道へは階段。高齢の母を連れては過酷でした。 でも、その程度ではありませんでした。

唐津城に近付くと、正規の入り口に、有料エレベーターが説明されていました。 正規の入り口だと231段の階段があります。 有料とは何だと思いつつ、母を案内しました。 正規の入り口から500m程、左側に行ったところにありました。 一般で100円。しかし、70歳以上の方は無料でした。 家内は、母の付添なのですが。 本人も辛いのは嫌なので、支払って乗っていきました。 当然、私は、500mを戻って階段です。

あまり待たせたくないので、当然ながら走って登りました。 そうやって、お城の入り口に入りました。 入り口から受付までまた階段。 母の事を気遣いながら、入場券を購入して入場ゲートに入ろうとしました。 そこで気付きました。入場ゲートを通ると、天守閣まで階段です。

一旦戻って、担当の方に念押ししました。 すると驚きの回答がありました。 「嫌だったら払い戻しします」 既に梯子を外されている状態で過酷な階段を強要して来ました。 母は、ちょっと意地張りのところもありますので、大丈夫といって入っていきました。

入ると「撮影禁止」と張り紙が出ていました。 どの程度かなと疑問に思って、近くに居た警備員に聞いてみました。 そうすると、細かい話をする前に「良いですよ」の返事。 誰もが撮っているので、煩いことは言わないというのです。 何だか変!

でも、何となく掛かりました。 天守閣で外の写真以外に撮ったのは、この鎧の写真のみ。 殆ど、写真を撮る程に興味を示す展示物はありません。 なるほど!

唐津城 一杯写真は撮ったのですが、きりが無いのでお城は一枚のみ。 季節には、藤棚とコラボするという風景です。 かなり大きな藤棚がありました。 ただ、母達は、エレベータで降りたので、私のみで向かって撮りました。

唐津市の唐津城のサイトを見ると、バリアフリー情報と大々的に記載されています。 しかし、実際は、殆ど理解していない事が分かりました。 ちょっと残念ですね。 でも、風光明媚と面白い体験をありがとうございました。

9月28日(土)

月末に退職するので、挨拶代わりのお菓子を買いに行きました。 佐世保市では老舗のもち吉というせんべいのお店。 美味しいお菓子が買えました。

豪華客船 COSTA SERENA 今日は、ケンタッキーフライドチキンの鶏の日です。 厚木では結構食べていたのですが、佐世保ではお店が遠い。 久し振りに買いに向かいました。佐世保市の五番街です。

港に近くなので、豪華客船が止まっているとすぐ分かります。 豪華客船 COSTA SERENA。優雅な船体です。 丁度、高速船が通り掛かりました。 五島に行くのか、黒島に行くのかは分かりませんが。 何となくコラボしてくれました。

移動の途中で懐かしいお店の看板を見つけました。 ゴーゴーカレーというお店。 昨年の4月26日に、長崎に無いと言っていたお店。 なんと、今年の6月に佐世保に上陸していました。 場所的に、行き難いのですが。その内に!


9月27日(金)

そういうことで、水曜日からお休みを頂いています。 昨日から、長崎の姉弟を訪ねました。 10月から新しい仕事に就くので、どうなるかよく分かりません。 報告を兼ねての訪問でした。

ペントハウスで宿泊 宿泊を伴うので、事前に予約してホテルに泊まりました。 予約の時点で混んでいると言われました。 長崎大学で学会などがあると結構混むそうです。 それが幸いしたのか、何時ものシングルの部屋ではありません。 最上階のダブルの部屋でした。 これって、多分ペントハウス?

丁度、窓から私が卒業した南山小学校のお御堂が見えています。 右側は、岩屋山。結構高い山です。 刹那的な話ですが、ちょっとだけ楽しみました。

当初は、3日間の予定でしたが。 上記で説明した事情で宿泊が取れませんでした。 両親のお墓をお参りして、佐世保に向かいました。

9月25日(水)

9月21日のブログで報告したトリマーが届きました。 ヘアカットというより、耳に掛かった髪のトリミングです。 まだ、切らないといけない程は伸びていないのですが。 試しに使ってみることにしました。

切った髪がどれほど落ちるかも分からないので、お風呂で裸での利用。 使ってみて、まずまずの切れ方でしたが。 分かった事があります。

当たり前の事なのですが、ザクッと行く感じ。 うまく、トリマーを手に馴染ませて、必要な部分のみトリミングしないといけません。 そうしないと、悲惨な髪になるなと実感した次第です。 でも、便利なツールが手に入りました。

9月24日(火)

最後の奉公で佐々町に出張です。 午前中に終る予定だった仕事は、少し長引いて午後にずれ込みました。 勤怠管理上の出勤日は、今日のお昼まで。 午後から月末までは、有給年次休暇でお休み。 仕事が終ると、片付けの為に、本社に戻りました。

有給休暇の時間帯となるのですが。 今日は、いよいよ最後とパソコンのデータ削除などいろいろと作業がありました。 NTT先端総研を退職した時も同様な手続きをしたのですが。 今回は、持つものがが少ないせいか、比較すると簡単。 しかし、結果的に午後半休なのに夕方まで掛かってしまいました。

月末日にも来るのですが、一番お世話になった方々は、月末で忙しい。 だから、今日、最後の挨拶をしました。 ありがとうございました

夕方に望む宇土越からの風景 そんな感じで、三川内に通う毎日は終わりとなるのですが。 通勤路の風景が気になっていました。

宇土越を越える道路。里美トンネルの手前の風景は何度も見ています。 宇土越から三川内の先、波佐見から虚空蔵山を望むのですが。 夕方になると、八天岳から隠居岳の山並みが影を落とします。 その風景を撮りたいなと思っていました。

偶々なのですが、時間帯が丁度でした。 何となく、希望していた写真が撮れました。

9月23日(月)【秋分の日】

秋分の日というと、お彼岸です。 お彼岸というと、秋分の日と春分の日の前後3日間と合わせて7日間の雑節。 私自身は、彼岸というと、彼(かの)岸との理解。 つまり、対岸と素直に考えていたのですが。 勿論。この世の此岸に対する対岸という意味ですが。

少し調べると、まったく意味が違うことが分かりました。 私が書いた意味では、此岸と彼岸の間に流れる川は、三途の川となりますが。 Wiki「彼岸」では、違うと解説されていました。 解説のまま、説明を引用します。 「此岸と彼岸の間の川は、煩悩を越え、涅槃に至る川」だそうです。

涅槃とは、仏教でいう高僧が煩悩を滅尽した境地のこと。 至る過程を般涅槃という。 例えば、釈迦の入滅は、特別なものとして大般涅槃と呼ぶそうでする つまり、簡単に言うと「彼岸は涅槃」です。

分かりましたか? 一般にお彼岸というと、先祖を尊んで敬い、お参りする日だと思いますが。 実は、高僧が入滅し、到る涅槃とその過程を指していたのです。 Wiki「彼岸」では、この違いをこう説明しています。 涅槃を極楽浄土に重ねた。 その極楽浄土は、太陽が沈む西方にある。 昼と夜が同じ長さとなる、秋分の日と春分の日に遙か彼方の極楽浄土に思いを馳せた。 それが転じて、祖先供養の行事へと趣旨が変わって定着したと。

如何でしょうか。何となく感じていたお彼岸と違ったものが見えてきませんか。 また、一つ賢くなったかな?

ヤフーオークションでスマホアプリをインストールすると500円引きのクーポンがもらえるという。 丁度、購入したいものが有ったので、インストールして見ました。 すると驚きの仕様にびっくり。

ヤフーオークションのアプリは、ログオフが無いのです。 そして、スマホアプリは、削除しないと動作し続ける。 あり得ない。大嫌いなYahooのアプリが動き続けるなんて。 500円の為だ、我慢しよう!

9月22日(月)

先月末頃にスピーカーを購入して、4チャンネルステレオにしたと報告しました。 先週の事だったのですが、リサイクルショップでスーパー・ウーファーのセットを購入しました。 元々は、DENON社のアンプがセットの5.1chコンポだったものらしいのですが。 スーパーウーファーとメインスピーカーの2個がセットとなったもの。 つまり、2.1chスピーカーセットということですね。

目的は、スーパー・ウーファーだったのですが。 購入後に失敗が分かりました。このウーファーはスピーカーのみのもの。 一般に、スーパーウーファーというと、アンプが付いたものを指します。 ところが、このスーパーウーファーは、別にアンプが必要だったのです。 そして、私が持っているアンプのスーパーウーファーの出力には、メインアンプが付いていない。

でも、付いていたメインスピーカーは使えました。 本来のメインスピーカーに使うには、ちょっと小型なのですが。 センター・スピーカーとしての活用は可能。 そういうことで、センター・スピーカーを追加しました。 厚木に居たときと同じ5chスピーカーシステムの完成です。 それぞれのスピーカーは、リアを除いて、かなり小さくなりましたが。

さて、困りました。大きなスーパー・ウーファーは、どうしよう。 何時もの様にAmazonで調べてみました。 手頃な出力のアンプがいくつかありました。 本来は、ケースに収納して工作が必要なもの。 でも、ウーファーの後ろに固定は可能なので、そのまま使えるかな。 USB電源で動作するものを発注しました。乞うご期待。

9月21日(土)

床屋に行ってきました。 夏は刈り上げるので、短くなります。 この時期は、少しずつ伸ばすので、切る間隔も長くなります。 ちょっと久し振り?

そういうことで、バリカンは使わなかったのですが。 バリカンとは別にトリマーを使って細部を整えていました。 バリカンとトリマー。何となく閃いてきました。

夏の短い髪から冬の長い髪に移る時に床屋に行く理由。 それは、耳のところに掛かる髪が邪魔だからです。 でも、耳に掛かる髪は、自分で見えるので、切ることは可能です。 トリマーが有ると、なお簡単だろうと閃いたのです。

何時もの様にAmazonで物色するといくらでも出ていました。 その殆どは、バリカン兼トリマーという機能です。 バリカンらしくなくて、トリマーの様な形なのですが。 バリカン用のアダプターが付いているという代物。 注意点も分かりました。 トリマーの可動刃がプラスチック製があるらしい。 流石にそれは避けて物色、購入しました。 また、使ったら報告いたします。

9月18日(水)

会社の仕事で久しぶりに佐々町に来ています。 いつもながら、佐々町の風景が綺麗で感動します。 そういう中あらためて、写真に収めたいと思ったシーンがありました

長崎鹿町ウィンドファーム 鷲尾岳風力発電所 佐々町からは、2つのウィンドファームが同時に見ることが出来ます。 そう、風力発電機が立ち並ぶ風景です。 一つは、以前も報告した長崎鹿町ウィンドファームです。 佐々町から見ると北西方向。 もう一つは、鷲尾岳風力発電所です。 吉井町の西側の鷲尾岳の山麓に設置された風力発電機群。 佐々町から北東方向に見えます。

これ程大きな2つの風力発電機群を同時に見れる風景は、珍しいと思っています。 同時に写った写真にすると、それぞれは小さいので、迫力はあまりないかもしれません。 トップページには、全体を掲載しましたが。 ここでは、それぞれの拡大写真を掲載します。 合わせてご覧ください。

佐々町に来ているのは、会社の仕事で佐々町のお客様のところに来ていました。 話は変わるのですが、少し衝撃的な報告をします。 実は、今日のブログも相当に遅れて記載しています。 なんとなく、報告しにくいなと思っていたのですが。 遅れついでに書き易くなりました。

SEの仕事は、ともて楽しくて気に入っていました。 単にSEというより、ネットワークとサーバ、それにパソコンの技術をフルに活用出来ました。 昨年末から勤めて、技術の仕事が出来て嬉しい限りでした。 そうだったのですが一方で、会社が準備する労働環境が社員の方向を向いていないのがとっても嫌でした。 私自身というよりも、一般の社員に対して整備がされていない。 そういう中での仕事は、相当なストレスとなっていました。 それに、技術者として相当に低賃金というのも何となく納得出来ませんでした。

そういうことで、別の仕事を探していたのですが。 ある意味、面白いことに気付きました。 昨年から、IT関連の求人6社に応募しました。 今の会社は、面接後に採用してくれたのですが。 他の5社は、面接すらしてくれませんでした。 その意味することは。

履歴書には、全ての能力を書いていませんが。 経歴を見れば、技術的に問題は無いと思うのですが。 面接もしないとすれば、年齢条件しか考えられません。 つまり、少なくても私の年齢では、佐世保でIT関連の求職は難しい。 これが、再度の転職を試して得た結論でした。

今回の転職では、本格的にIT関連から離れた職を予定しています。 詳細は、不定部分が多いので、落ち着いてから報告します。 今の会社は、9月末で退職となります。

佐々町の仕事はもう少し続きます。 午後には、本社に戻ったのですが。 出張と有給年次休暇があるので、正式な本社勤務は、今日で終わり。 その後、半休で出勤する予定はあるのですが。 いろいろと退職の準備を済ませました。

9月16日(月)【敬老の日】

敬老の日というと、いつもの様にお婆ちゃんが主役。 午前中は、親戚が救急車とか、いろいろと有ったのですが。 かなりブライベートな出来事だったので、省略します。 お昼には落ち着いたので、昼食はみんなで会食。 美味しく頂きました。

昨年の8月18日に一度行ったことは有ったのですが。 ご利益が重なるかなと、世知原の弦掛観音に行ってきました。 世知原の山手にある弦掛山西福寺です。 詳細は、昨年の記事とかFaceBookを参照ください。

弦掛観音の奥の院 勿論、お婆ちゃんの敬老の気持ちも大切なのですが。 カメラが1ランク良くなったので、それなりの写真も撮りたいのも確か。 奥の院をフルサイズで撮影すると、確かに構図がスッキリと収まったと思います。 如何ですか。

弦掛観音の稲荷大明神と大岩 この奥の院は、岩山の大洞穴となっているのですが。 大岩が並んでいます。入り口の左側は、稲荷大明神です。 大明神よりも、縦長の大岩が圧巻。 大岩の隙間を通ってみましたが。 この地の地質が伺える体験でした。

少し時間が有ったので、ちょっと探検しました。 世知原には、県立の少年自然の家があるのですが。 その先、林道というより山道を探検。 かなりマニアックなので報告は省略します。 無駄な林道走行という感じかな。

帰りには、もっと山奥を探検することにしていました。 平川原溜池といいます。 佐世保最高峰の国見山から、多利山、小塚岳と高い山が続くのですが。 その先の石盛岳までの高地の中央部分に割と大きな池があります。 自宅に戻るルートからは、山道に入るのですが。 予定通りに向かいました。

平川原溜池と高圧送電線 平川原溜池は、印象として普通の溜池。 山奥のある大きな池という感じなのですが。 一番、大きな特徴は、池の中央部分を横切る高圧送電線。 ここは、魚の釣りは禁止されていない様子。 釣り人に釣り糸が、高圧線に触れないように注意書きが出ていました。 見た感じでは、高圧送電線まで10m程度しか無さそうでした。

平川原溜池のポツンと一軒家の場所 ここに来るには、googleマップでルートを調べる必要があります。 調べてみると、池の近くに一軒家があります。 最近、話題の番組でポツンと一軒家があります。 まさに、ポツンと一軒家が有ったのです。 Googleマップから切り出したポツンと一軒家の航空写真です。 真ん中あたりの小さな赤い四角が実際の場所です。 右側の大きな赤い四角は、その拡大写真です。

平川原溜池のポツンと一軒家 テレビのポツンと一軒家は、実際に人が住んでいる事を確認して取材しているのでしようか。 ここは、人が住んでいる感じはしませんでした。 ポツンと一軒家ということに違いは無いのですが。

9月15日(日)

一月に1回程度は、体組成を測定していることは、時々話題としています。 今日測定した結果が驚きだったので、是非報告したいと思います。 何と、体重が64.8kgでした。 調べると、就職して暫くしてから後の記録は大体取っているのですが。 で、こんな低い体重となった事が無いという話です。

この話をすると時々、大丈夫?と聞かれます。 その時は、自信を持って大丈夫と答えています。 最低体重のピーク(凹み)は、2〜3年置きにやってきます。 その間、幅で3〜4kgの変動があります。 ある程度の期間で平均すると年率1kg弱の減少をここ15年間ほどずっと継続しているのです。 その結果、元々75kgの体重が65kgまで減ったというだけなのです。 あまり考えなくても、心配には及びません。

昨日、掲載した郷美谷池のパノラマ写真Instagramに掲載しました。 ところが、パノラマで掲載しても、左右が切り取られた写真が載るだけ。 まったくパノラマの意味がありません。

一般には、インスタ映えと話題となっていますが。 私は、取り敢えずの写真館として、自分が気に入った写真を掲載する使い方を考えていました。 しかし、パノラマだから綺麗となる写真が掲載できない。 私にとっては全く役に立たないInstagaramという事が分かりました。

因みに、この事を不満に思っている方も多い様です。 そうして出てくるのが、代替え方法として分割してスワイプする方法です。 要するに、パノラマ写真を分割してページめくりする方法です。 私には信じ難い話。Instagramは使えない!

9月14日(土)

以前から義理の従姉のノートパソコンをWindows10に上げて欲しいと頼まれていました。 朝から、実行に移しました。最初は、Windows Updateから。 一通り終わったら、Windows10のインストール。 これで、5台目かな。いつもの通りに順調に完了しました。

いつもの様に、家内が休日になるとどこかに行きたいといいます。 今日は、あまり行ったことが無い早岐。 なんでも、美味しい100円パンで有名なBelle`boisというお店。 フランス語で、ベルボアと発音します。 店紹介では、「ベルボアーズ」と記載されていますが。 事前にGoogleマップで場所を調べたのですが。 これがとんでもないことに。

早岐に向かうルートは、3種類あります。 普通に国道を通る道。それから、何時もの烏帽子岳の近くを通る山道。 もう一つは、私の通勤路となる里美トンネルを通るルートです。 行きたいところが有ったので、3番目の宇土越を通るルートにしました。

郷美谷池 Googleマップで里美トンネルを見ると、丁度真上に大きな湖があると分かります。 場所は、南側の隠居岳から八天岳、国見山と佐世保の最高峰が連なる場所。 相当な高地であると分かります。 その畔まで道があると分かっていたので、どうしても行きたかったのです。 天気もまずまず、向かってみました。

その湖は、郷美谷池と名前が付いています。 ここに掲載した写真は、「郷美谷池」で検索するとよく出てくる写真と同じです。 古さや懐かしさを感じさせる石橋がなんとも言えない風景となっています。 湖の全体像は、またパノラマにして掲載しています。 お楽しみください。

さて、この郷美谷池の読み方が面白いのです。 ごみだにいけと読みます。 ゴミ谷?? 漢字が示す美しいイメージと間逆さが面白いと思いませんか。 そして、この「郷美」の名も興味深い話。 この地は、里美町です。里と郷は、同じ意味の漢字で、どちらも「さと」と読むことができます。 現時点として、郷美は、「ごみ」と入力しても変換できません。 「さとみ」と入力して変換しています。

中川浅雄翁靈  この湖の畔に「中川浅雄翁靈」という石碑が立っています。 どうみてもお墓の形なので、中川翁のお墓だと思っていたのですが。 帰宅して調べると、昭和初期にこの池が農業振興の為に作られたもの。 その時に、事業を推し進めたのが、旧柚木村の村長だった中川浅雄氏だったというのです。 その解説には、顕彰碑と説明されていました。 刻印から霊廟といっても間違いでは無いでしょう。 当時の柚木村の形や規模を想像すると面白い。

なお、この郷美谷池をもう少し紹介しておきます。 ダム便覧にも掲載されている、佐世保市が管理するダム湖だそうです。 有効貯水量が450,000㎥となっています。 実際に貯水池とかダム湖とか記載がある湖を除けば、佐世保市で最大級だと思います。 そして、地理院の地図で標高を測ると、約530mです。 多分、そういう池の中でも最高峰だと思います。 だって、烏帽子岳の山頂駐車場と同じ標高ですよ。

もう一つ、郷美谷池を検索すると面白い情報が出てきました。 石木ダムの建設に反対している方が纏めているページです。 その賛否には触れませんが、石木ダムを佐世保市水源とする機能に対する話です。 この郷美谷池は、近くの転石ダムの1.3倍の貯水量があると説明しています。 その数値はともかく、佐世保市には無尽蔵という言える程にこういう池があります。 これらを水源に転用すれば、水源としての石木ダムは、まったく不要だということです。 水不足という問題に限定して考えた場合ですが。 川棚町という他自治体の土地ではなく、佐世保市が保有する池で対応が可能だったのです。

そこから、まっすぐ早岐を目指して、Googleマップに掲載のBelle`boisを目指しました。 しかし、その場所に着いてびっくり。何もありません。 川の畔に民家が数件。どうみてもお店がある場所ではありません。 一旦は諦めて、色々なお店がある早岐の町を走り回りました。

そこで思い出しました。Belle`boisをネットで検索した時のことです。 食べログに店舗紹介がありました。 店舗の住所をgoogleマップで検索すると、上記の何もない場所を示していました。 しかし、食べログの地図は、まったく別の場所を指していたことを。

そうやって、Belle`boisにたどり着くことができました。 流石に夕方近くとなり、美味しいパンは殆ど残っていませんでした。 ただ、場所の不思議の原因みたいなものが見えてきました。 現在のBelle`boisの場所は、元々は、ワンミリオンベーカリーというお店だったとか。 代替わりする前のBelle`boisがどこに有ったとかは、やっぱり分からないのですが。 それから、元の名前が100(万)円パンという意味の名前というのも面白い。 「万」とは、どいう意味なのでしようか。今は、100円パンのお店です。

早岐瀬戸の一番狭い海峡 ここからが、今日2つ目の見どころです。 佐世保市と長崎市を結ぶラインに、針尾という地名があります。 早岐から西海橋までの長い区間なのですが。 実は、この針尾は、針尾島という大きな島なのです。 大村湾に蓋をする様に鎮座する島。

もう少し解説すると、西彼半島と針尾島の間は、西海橋が掛かる海峡となっています。 海峡幅は、約200mで、潮の満ち干で大渦巻が巻くことで有名です。 針尾島が佐世保本土と接する先が早岐です。 その間にあるのが、早岐瀬戸です。 全長10kmもの長い瀬戸。その海峡幅の一番小さな場所が写真の場所。 Googleマップを拡大して測定すると約8mしかありません。 ここも同様に潮の満ち干で流れが変わるのです。 しかし、10kmもの瀬戸を流れるので、全体としてはそれ程の急流になりません。 その中で一番の急流が写真の場所ということになります。

この記事を書く時に調べたのですが。 西海橋が渡る海峡は、針尾瀬戸と名が付いていました。 こちらは、googleマップで測定すると全長約4.5kmでした。 海峡なのか、瀬戸なのか、感覚は、上記の説明で出てきた文章なのですが。 正しくは、瀬戸は海峡の小さなものを指すそうです。 写真の様に狭まった部分の名称は、分かりませんでした。

ここまで来たら、先日寄ったバーガーショップあいかわに、もう一度寄ることにしました。 あるのは、針尾パイパスの中。 ところが、途中のインターでは、相川を目指すことができません。 江上インターまで回ってからの道のり。 なんで、こう「遠回りなの」と愚痴に言いつつ、寄ることができました。

今日の4つ目の目的は、肉のあいかわの商品調査。 ステーキハウスも併設する大規模な和牛の肉店です。 どの様なお肉が置いてあるだろうかと寄ってみました。 流石に専門店でした。100g1500円の牛肉がスタンダード。 1kgの間違いではありませんよ。100gで1500円の牛肉です。 これが一番安い肉でした。当家では、高嶺の花です。




以下、フッター