>トップ >ブログ >2019年2月  昨年12月

2019年2月

2月22日(金)

本物の歩道橋 本物の歩道橋。 佐々駅の近くを今日も散策しました。 佐々町の中心部は、佐々川の東南岸に集まっています。 平戸方面に向かう為に、大きな橋が3本架かっています。 一番南側は小佐々町に向かう県道139号線。 次がまっすぐ江迎町に向かう県道227号線。 最後は、吉井町を通って江迎町に向かう国道204号線。 これらの道が渡る大きな橋です。

因みに、ここに書いた小佐々町、江迎町、吉井町は、すべて佐世保市の町です。 佐々町が市町村の町というのとまったく違います。 特に、佐々町と小佐々町が並んでいるので、ちょっとややっこしいのですが。

さて、話を元に。 これらの3つの橋と並んで、佐々駅の裏にも比較的に小さな橋が渡っています。 しかし、その橋の隣に小さな、というより細い橋が渡っています。 近くに行くと分かりました。 本物の歩道橋です。

一般に、歩道橋と言うと、道路を横断する歩道としての橋状の渡り廊下の事を言います。 しかし、ここの橋は、歩行専用の橋なのです。 私が知る限り、初めての発見でした。 車道の橋と並んでいますが。 想像するに、先に作りやすい歩道橋を架けた。 予算の都合が付いたので、さらに車が通れる橋も架けた。 そして、人は、どちらでも利用できるようになったのでしょう。 詳細は、調べていませんが。

2月21日(木)

2月1日から、システムの構築場所に毎日通っています。 SEの常駐というものを体験した次第なのですが。 夕方、3週間ぶりに会社に戻りました。 勤怠手続きもあるのですが、納品用の書類作成に足りないものがありました。

久しぶりに会社に戻ったのですが、困ったことになりました。 建物に入るのに、パスワードが必要です。 しかし、アレっ、何番だっけと困惑。 そんなに時間は掛かりませんでしたが。 まだ、身に着いていない!(笑)

2月19日(火)

佐々駅前のバス停ロータリー 最近、佐々町の話題が多いのですが。 松浦鉄道の佐々駅が面白いので、紹介したいと思います。

佐々町の中心部は、国道204号線を佐世保市街地から平戸に向かう途中。 どちからというと佐世保寄りの場所にあります。 国道204号線が佐々川を渡る手前となるのですが。 佐々町中心部と佐々駅は、国道を離れて川沿いの道に入った場所です。 この道は、西九州自動車道の終点である佐々ICから佐々駅を通り過ぎる様に延びています。 この道を佐々駅の前まで来た時に、左手に見える風景がこの写真です。 立派な駅舎が有ると思いませんか。

実は、この写真は、佐々駅前のバスロータリーの写真なのです。 奥に写っている建物は、民家です。 民家といっても企業の事業所のような看板は付いています。 以前から駅舎だと思っていたのですが、近付いてやっと分かりました。

佐々駅の駅舎 佐々駅の駅舎は、この奥にありました。 バスターミナルの向こう側に小さな道があり、そこから駅舎まで入れます。 松浦鉄道は、佐世保から松浦市を通って、伊万里まで北松浦半島を半周します。 佐世保駅からは、伊万里行きと佐々行きの2種類が運航しています。 つまり、松浦線の途中駅として、佐々駅は一番の主要駅なのです。

ご覧の通り、駅舎そのものは、綺麗なのですが、小ぢんまりとしてします。 しかし、実際は、電車の車両基地となっています。 操車場の様に幾本もの線路が広がっています。

一度、近くで見たいと思っていました。 お昼休みに運動だと思って少し歩いてきました。

2月16日(土)

残業と休日出勤が多かった2週間が終わって、やっとゆっくりとお休みが取れました。 特に理由はないのですが。 2年くらい前に買った中古のノートパソコンを立ち上げました。 Windows7で動いています。 来年の春には、サポートが切れるので何らかの処置が必要な状況。 そういう事を考えながら、電源を入れたときでした。

バッテリ充電制御機能 立ち上げると、何時もの様にWindows Updateを実行すると出てきます。 普通にインストールして再起動した時でした。 「バッテリ充電制御機能アップデートツール」と書いてあります。

説明文から、内容は分かります。 ノートパソコンの電池は、リチウム電池です。 以前からリコールで問題となることが多いのですが。 単なる不良だけでなく、老朽化により、爆発の危険性で出てきます。 その対策として、充電量を少なくするという機能のインストールだったのです。 しかし、相当に迷惑な事態となることは想像できませんでした。 順を追って説明すると、かなりややっこしいです。 分かり易い様に整理して説明します。

再インストール強制 危険だから、絶対にインストールさせたいというのは分かります。だから、拒絶はできない。 しかし、インストールしようとしたのですが、インストールはエラーです。 エラーだから、インストールされていない。 それだけなら、あまり問題ではなかったのですが。 そこからの動作が、とても嫌らしかったのです。 起動の度に、インストールが不完全だと大きい画面が表示されるるのです。 嫌がらせとしか思えません

解決方法も複雑なので省略しますが。 ネットで検索した方法でも、そのままでは解決しませんでした。 なんとか、おとなしくなってくれました。 勿論、充電が安全となった訳ではありません。 自分で管理しないと安心はできません

でも、はっきりしている事があります。 こういういい加減なソフトに管理してもらって安心なはずがありません。 こういうことは、自分で仕組みを理解して管理すべきこと。 そして、今回は、富士通のパソコンでしたが。 どのメーカーでも同じ活動をしているということ。 そもそも、こういう仕組みでの解決策では、間違いということが分かります。

スマホが良い例なのですが。 頭を使わなくても程ほどに使えるデバイス(スマホ)が良いのか。 利用者が頭を使って、便利なデバイス(パソコン)を使うのが良いのか。 世の中が、デカダンスの世界に突入しているとしか思えない。 皆さんは、どう思いますか。

ちょっと技術的な話を記録として残します。 詳しくないと意味不明かもしれませんが。 ご容赦ください。

Office2010の頃は、写真データを見る時に、Picture Managerというソフトが便利でした。 一覧表示は見易いし、勝手に画像を修正するという迷惑機能もありませんでした。 しかし、Office2016に代わってから、Picture Managerは無くなりました。 仕方がないので、意外と評判が良いPicasaを使っていました。 Picture Manager程使い易くはないのですが、なんとか使えていました。

今日始めてでした。 Picasaで画像を確認した後、記録テキストにカーソルを移した瞬間でした。 Picasaの画面が上方向に拡大しました。 ウィンドウの操作は、画面上部にいろいろと操作ボタンがあるのですが。 そのボタン類が画面の外にはみ出てしまったのです。 操作部分が画面の外にはみ出して、操作不能となってしまったのです。

これも、解決策は省略しますが。 誰が悪いのでしょうかね。 私は、マイクロソフトが犯人だと思うのですが。 Picasaの開発は、Googleです。 どちらでも良いのですが。 こういう不便は、止めて頂きたい。

2月13日(水)

昨日の連休明けから、お客様のシステムが移行を終えて本稼働しています。 多少の調整は必要でしたが、大きなトラブルもなく順調でした。 今週は、微調整もあるのですが、納入用にドキュメントの準備があります。 細かいことは書けないので省略いたします。

現地に来て、今週末で2週間となります。 毎日、外食しているのですが、食事をする場所ももう2巡目といったところ。 先日、食べに行ったら閉まっていたというお店に行ってきました。 上司との一緒だったので、写真はありません。

昨年の9月21日の記事で紹介しました。 佐世保の五番街の近くの万津町にある創作ラーメン「砦」というラーメン店です。 貝白湯のらーめんと、健康に期待のお店です。 佐々町にも、西九州自動車道の佐々ICの近くに有ったのです。

先日来たときに、お休みでした。看板に面白いことが書いてありました。 「店休日 めちゃめちゃキツいときだけ休みます」と。 ななんと、そのめちゃめちゃきつい日に当たったというのでしようか。

ラーメンは、万津町のお店に比べて、ちょっと品数が少なめ。 一人の店長は、少々厳つい感じですが。 話すと優しそうな店長でした。 そして、味は、豚骨に勝る貝白湯スープ。 美味しかったです!

2月11日(月)【建国記念の日】

建国記念の日で祝日です。 皆さんは、この「建国記念の日」に「記念日」ではなく「記念の日」となっている理由をご存知ですか。 このブログでは、建国記念の日の話題は結構書いていました。 昨年の2月11日の記事にも記載しています。 2013年まで遡りますが、一度ご覧ください。

家内がグロウ・イーグル社が運営する古着屋に行きたいといいました。 この会社は、町に古着屋を運営しているのですが。 そこで売れ残った服は、どちらかというと山手の辺鄙な場所に有るお店で、安いものは110円で売っているというのです。 家内の目的は、綺麗な和服の生地を解いて、いろいろな工作品に仕上げるというものです。 前から話題としていましたが、今日行くことになりました。

話は変わるのですが、最近、何とか和服を着てみたいと物色していました。 最低の組み合わせなのですが、Amazonでは8,000円程度で新品が出ていました。 しかし、まったく経験も無いところ、古着でも良いのだけどもと考えていたところ。

街中では、ムックハウスという名称で出店しています。 本店は佐世保で、長崎全域と佐賀と熊本で各1店舗を出店しています。 今日行ったお店は、激安古着屋と言います。 ムックハウスとは別物で、最終販売場所と言った感じです。 大量の古着が並んでいました。 家内の目的の和服コーナーに行くと、男性の和服も置いていました。 乏しい知識の中、品質もまずまずの和服らしいものを購入してみました。 何事も経験と。110円なら、無駄でも元々です。

購入した後、義理の母に見てもらいました。 和服としてはまずまずという感じだったのですが。 裏地を見て、なんだか大笑い。 これは、長襦袢だというのです。 そうです、和服の下に着る和服の下着です。

Amazonの8,000円の和服を買っても、下着として必要なものです。 デザインも気に入りました。 和服を揃える第一弾が下着とは滑稽ですが。 実物を見るとだんだんと和服の構造が理解できてきました。 和服も長襦袢も構造は同じ。 身の丈、裄丈は、洋装でも同じですが。 衿下、衽など、構造的なものは、実物を見ながらが一番。 少しづつ勉強しています。

2月10日(日)

昨日、「少しモードが変わる」と表現しました。 具体的に言うと、昨日までは、端末の入れ替えでした。 今日の作業は、それに加えて、旧端末を流用する設定が始まります。 しかし、その流用が原因ではないトラブルが多発しました。

配線変更の関係でLANが繋がらなくなったとか。 設定を見違えてどうしたらよいかと聞かれたり。

結果的に、夕方までいろいろと対応したのですが。 私自身は、4時半頃に開放されて、早目に帰宅することができました。 日曜日なので、おかしくもないのですが。 まだ、他の方は作業していたので、ちょっと恐縮しながらの帰宅でした。

2月9日(土)

今日の私の仕事は、ちょっと今までと毛色が違います。 これまでWindows7の端末が、来週からWindows10の端末に置き換わります。 端末の入れ替えは、CEの担当者の方が実施するのですが。 入れ替えのための作業手順書を私が作成しました。 今週の私の主な作業の一つでした。そして、今日は、その実行日です。

主な作業は、CEが作業しているときに出てくるトラブルに対応。 結構、事前情報に無い例外環境があり苦労しました。 しかし、CE作業は、今日は夕方6時までとなっていました。 だから、6時できっちりと終了。 久しぶりに早く帰ることができました。

しかし、もともとの計画は、私は今日まで。 今日からの三連休は、今日のみの出勤予定だったのですが。 明日から、ちょっと作業のモードが変わるので、明日も出勤して欲しいと頼まれてしまいました。 完全に想定内の事態で、考えるまでもなく了解しました。

Pizzeria Shin’5 昼食は、昨日に続いて、ではなく、誰かの提案でPizzeria Shin’5で食事することになりました。 北松浦郡の佐々町駅前の通りにあるピザのお店です。 私は、入る時に価格を見てオッと思ったのですが。 一緒に入った他の4人は気付いていないのか。 価格帯は、1,380円と1,580円、それにそれより高い品揃え。 出張先での食事では、選択肢とはならない価格帯でした。

ヒザ ディアボラ 入った後に価格帯に気付いた同僚は、スパゲッティなどの料理を期待した様でした。 しかし、ここはピザ専門店。選択肢は、ピザのみでした。 私も入る時は、二人分の価格ということを期待したのですが。 注文の時に聞きもしないのに、店員が一人分だと説明しました。 つまり、利用する誰もが高いと感じていた様子です。

私が頼んだのは、ディアボラというピザでした。 ディアボラとは、ディアボラ風という意味。 日本語では悪魔風と説明されています。 一つは、チキンの手羽がデビルマントに似ているとか。 もう一つは、唐辛子で食べた人が業火に焼かれるとか。 そういう意味らしいのですが。 実際に食べると、辛味は足りず。見ての通りに焦げ目が付いていました。 ピザが焼け過ぎ?そういう訳ではないのでしょうが。 よく分からない料理でした。

昨日のガラムと同様に、このお店の飲み物はフリードリンク。 さらに、別に缶の飲み物が1本付いている。 特に、フリードリンクのコーヒーは、自動のエスプレッソ・コーヒーが頂けました。 昨日のガラムより本格的なのですが。 缶の飲み物と二重のサービスは不思議でした。 もっと安くした方がリピートすると思います。

帰宅途中でまた怒りの運転に出会いました。 ほとんど毎日通っている道なのですが。 大きな道路で信号が続いています。 信号が変わって出発すると、500mほど先の信号でまた赤になるタイミングの場所があります。 そこに向かっている最中でした。

先の信号が赤に変わったばかりなので、ゆっくりと減速していました。 すると、後ろにいた車が左側から追い越して、私の前に割り込んできました。 唖然です。

この先も、多数の車が信号に止まりながら走り続ける道です。 頭が悪い運転手としか思えませんでした。 皆さんも気を付けましょう。

2月8日(金)

比較的に過酷な一週間が過ぎました。 特に水曜日からは、毎日10時過ぎまでの残業です。 昨年末辺りから残業は続いていますので、そんなに辛くはありません。 今日、金曜日の終業時刻からは、本格的な移行作業に取り掛かる予定。 深夜までの予定でしたが、私の担当分は、10時頃に落ち着きました。 相変わらず、皆様には申し訳けないと早めに帰宅しました。 夜の10時過ぎですが。

無国籍料理 ガラム 出張先の近くに変わったお店がありました。 看板に、無国籍料理 ガラムと書いてあります。 常駐的に勤務して、丁度一週間となりました。 昼食を頂くお店は、順繰りと近くの食べ物屋を転々としたのですが、一巡しました。 Googleで検索すると雰囲気が良い店内が出ていました。 仲間と偶には変わったところということで入ってみました。

ガラムの定食 無国籍料理と謳っていますが、店内はインドとか、エスニックな雰囲気でした。 Googleで紹介していた雰囲気は、割と狭い範囲の写真だと分かりました。 そんなに広いお店ではありません。 一品ものだと高いので、ランチにしたのですが、それでも800円です。 この地域だと、定食は640円程度。 税込みという価格表示は安心だったのですが。割高感は否めません。

ごはんは、普通の白ご飯も選べたのですが、雑穀ご飯にしました。 おかずは、単なる生姜焼きで無いポークステーキ。 ムム、これでは、近くの定食には負ける。 スープも普通の卵スープなのですが、平皿で飲み難かったです。

ただ、コーヒーを含めたフリードリンクが付いていました。 コーヒーが付いて800円なら、価格的には良いかもしれません。 ただ、コーヒーは要らないので、640円程度にして欲しかった。

2月4日(月)

昨日は、結構強い雨が降っていました。 朝から、天気は回復。昨日の雨の後がはっきりとした朝でした。

ネットワークの移行の後の初稼働日です。 何時もより1時間程度早出で対応しました。 ネットワークの移行後の初稼働ということで、システムの作業は控えました。 今週は、システムの移行作業を準備して、来週の稼働に備える週です。 明日から頑張ります。

帰宅途中に珍しい方から着信が入りました。 厚木でNTTの研究所に勤務していた時に付き合いが有った方。 廃棄物業者の責任者でした。 要件は分かっています。単に間違い電話です。

気付いたのでしょう。出る前に切れたのですが。 折り返しても出てくれませんでした。 暫くしたにもう一度掛けてくれました。 そうして、「懐かしいね」と会話した次第でした。

2月3日(日)

昨夜は、深夜というより、仕事で午前様の状況でした。 実際に寝入ったのは、4時頃でした。 朝と言うか、昼前の10時頃には目覚めて起きることにしました。 まだ、寝ぼけているのかと思える話題です。

毎日の記録に「一杯目のコーヒーを頂いて・・・」と書こうとしていました。 既に、あきらめの境地なのですが、日本語変換の結果を見て、思わず笑ってしまいました。 「いっぱいめのこーひー」変換の結果です。 「一杯女のコーヒー」と出ています。

単語単位の変換が多い私なのですが。 珍しく長い文章の変換でした。一応、複文節変換という変換ですが。 単語単位の変換には弱いと言われている、マイクロソフトIMEも、この長さでも無能なのでしょうか。 これには、大笑いでした。

節分です。子供が近くに居ないので、豆撒きはしません。 そして、恵方巻も意味を感じませんので、購入することはしません。 しかし、この機会に太巻きを食べるのは、嫌ではありません。 太巻きは大好きなので。

何時もは、家内が太巻きを作ってくれます。 しかし、買い物ついでに太巻きを買ってもよいかなということになりました。 そこで面白いことに気付きました。恵方巻は売っています。 1本800円程度。しかし、太巻きも、300円程度で売っていました。 あなたなら、どちらを買いますか? 当然の様に、太巻きを買って帰り、太巻きとして頂きました。 おいしかった!

2月2日(土)

現地で作業を開始する日。 私自身は、どちらかというと、システム担当。 ネットワークとシステムと区分した時のシステムの担当者です。 この土日は、ハードウェアの設置とネットワークの移行を実施する日でした。 ネットワーク関連に関する私の立場は、どちらかというと応援部隊という位置付けでした。 つまり待機が多い、とっても辛い日でした。

ハードウェアに関しては、設置が夜の9時頃迄に終わっている状態。 ラックに固定しただけで、電源線や信号線の接続は、これからというところ。 CEの担当者から、接続方法についてヒアリングがありました。 一緒に確認しながら進めている中。 「ネットワークが先だ、ハードは後にしろ」という言葉が上がりました。 結果的に、担当者が違うので、そのまま進めたのですが。 作業中の状況を示す出来事でした。

結果的に、夜中の2時頃になってもネットワークが正常に動作していない状況。 上司の方が、「中田は、もう帰ってよい」というので、失礼したのですが。 「役に立たないからもういいよ」という意味。 それから、残業代がもったいないという意味も含まれていたかもしれません。 老体にはそこまで期待していないという意味を知るのは、もっとずっと後でした。

富士通に居たときは、徹夜も沢山したのですが。 日を跨ぐ深夜残業は、何年振りでしょうか。 10年以上、いや、20年振り位だと思います。 忙しく無くて助かったと言えばそうなのですが。 懐かしさには繋がりませんでした。

2月1日(金)

今年、2つ目の月です。 昨年末から結構、残業とかして、私的には慌ただしい年初だったのですが。 今日から現地作業となるので、その慌ただしさは続きます。

客先に向かうのに、私に取っては本当に懐かしい交差点を通過しました。 昨年の8月27日の記事で紹介しました。 田子の浦交差点を中心とした三角地帯。 高校生から大学生の頃に、長崎から佐世保に向かうのに使った交差点でした。 まだ、バイパスが出来ていなかったので、この交差点の大渋滞に嵌っていたのです。 一緒に通過した同僚にも紹介しました。多分、40年振り位だと。

詳細は掛けませんが、今日はシステムの機材を運ぶだけ。 現地での移動はありますが。 平日なので、現地での作業が出来ないのです。 明日、地獄となるなんて、想像もしていませんでした。


ここから先月分(暫く掲載します)

1月31日(木)

今の会社に入社して、始めて担当したシステムが明日出荷します。 出荷の手順は、会社によってマチマチなのですが、具体的な説明はありません。 始めての体験だと、戦々恐々。 まあ、それなりに準備をしていました。 このタイミングという訳でもないのですが。 少し専門的な事を紹介したいと思います。

担当しているシステムは、以前紹介したハイパー・コンバージド・インフラストラクチャ(HCI)です。 サーバーは、富士通のPrimergyなのですが。 VMware社のvSphereというソフトインフラを使用しています。 簡単に言うと、OSの溜まり場という感じ。 沢山のOSを集めて自由に動作させるという感じです。

HCIの経験が有る方は、それこそ何とも感じないと思うのですが。 Windows server 2016のひな形を作成。 そのコピーを沢山作って、沢山のサーバを構築する。 本当に大した話では無いのですが。 今までの経験では、想像できなかった仕組み。 とっても楽しい経験でした。

今日のブログを書いているタイミングは、翌々月。 段々と掲載が遅れてきました。 新しい職場に就くということは、こういうものでしょう。 開き直るしかない。

ブログに掛けない出来事も沢山起きています。 また、その内に紹介しますね。

1月28日(月)

朝から、普通に起きて身支度を始めたのですが。 朝食の時間になっても、食欲は湧きません。 お腹の調子が悪いという感じではなく、何と無く食欲が無い。

朝食を摂らずに出発したのですが。 会社の近くのコンビニでサンドイッチを買って食べました。 昨日のすき焼きが悪かったのかな。 その後は特に問題ありませんでした。

厚木で職を持っている間は、いろいろと体調不良もありました。 昨年の無職が功を奏したのか。 ここの所、調子が良い日々でした。 久し振りの体調不良です。

1月26日(土)

二週間程前に運動の為に中央公園に車を止めて歩いたと報告しています。 今日は、同じ様にして、佐世保で繁華な四ヵ町まで歩いてみようということになりました。 直線で500m程度、大した距離では無いのですが。 途中に市立図書館があります。 読書が好きな家内に同行して、始めて入ってみました。

図書館は、建物の構造がちょっと特殊です。 まず、入口が長いエントランスとなっているのですが、その横が屋根付きの駐車場。 なんと中途半端な大きさ。外側にもっと大きな駐車場が併設されています。 建物とセットで、構造物の一部となっているのですが。 そのデザインの為に付けた中途半端な駐車場という感じは否めません。

エントランスを抜けて建物に入ると、広い入口。 いや、建物の1階にしては、いやに狭い。 ゆったりと登るカーブが付いた階段と奥にエレベータ。 エレベータの横の扉は、図書館の部屋かなと思ったのですが。 その先は単なる階段室でした。 割と大きな図書館なのですが、1階は狭い空間でした。 2階は、事務所があるらしいのですが。 ここも通過する場所で、図書館は3階からでした。 勿論、歩いて登りました。

私は、図書というよりは、CDの音楽に期待します。 厚木の図書館で結構利用したので、同じ様に楽しめるかと期待しました。 収納は、流石に厚木よりちょっと少ないかなという感じなのですが。 そもそも置く場所が狭すぎて、どちらかというと溢れていました。 備え付けの専用棚が足りなくて、付け足した棚にも載っていました。

一番戸惑ったのは、ヒーリング系の音楽の保管場所が分からないのです。 厚木でもそんなに大きな差は無いのですが、比較するとちょっと辛い。 簡単な話が、例えばエンヤのCDがどこにあるのかでした。 海外ポップスの中に埋もれていました。 要するにヒーリングを探すには、ジャズ、海外ポップス、クラッシックを跨ってしまうのです。 厚木でもそういう傾向は有ったのですが、どちらかというとジャズに集まっていました。 佐世保では、バラバラという感は否めません。

そういう仕組みを理解しながら、新たな音楽は無いかなと探して見ました。 目に付いたタイトルは、次の3つです。 森に癒されて、水の音に癒されて、鳥の声に癒されて。 香音ミュージックというシリーズの3本なのですが。 ヒーリング音楽とは分かるので、興味を持ちました。 図書館の中を見ると、試聴は可能と分かるのですが。 仕組みがよく分かりません。

職員に聞いた時もよく分からなかったのですが。 再生機を借りて、試聴してみると分かりました。 佐世保図書館では、図書館で音楽を楽しむことのみを目的に試聴させている様です。 私は、どんな音楽だろうかとちょっと聞きたかっただけなのでが。 再生機を借りる時に申告したCDを聞いたら、再生機も合わせて返却しないといけない。 確認して、他のCDを聞く時は、またもう一回借りる必要があるというのです。 試聴ではなくて、図書館で音楽を楽しむ為の仕組みだったのですね。 私には、まったく必要が無い仕組みです。

このシリーズは、分類的には、ヒーリング音楽でした。 寝る時に聞くのに良い音楽だと分かりました。 借用手続きを済ませて図書館を出ました。 これから、四ヵ町まで歩いて行かないといけません。 重たい荷物を背負ってしまったと後悔でした。

図書館からは、斜めの道が通っていて、四ヵ町までは、何と無く近道。 スムーズに向かって、買い物を済ませました。 家内の買い物の付き合いなので、報告する内容はありません。 まあ、それなりに楽しみました。

夜は、女子テニスの試合で話題が彷彿。 大坂なおみ選手の全豪オープン試合です。 勝つと世界ランキング1位だというのです。 スケートを除いて、競技中継を見る機会は殆ど無いのですが。 思わず見入ってしまいました。

大坂選手、優勝おめでとう。 私も応援しています。

1月22日(金)

以前から報告している通りに、毎日の通勤は宇土越の峠を越えて出勤です。 登坂路に入って6km程度を登るのですが。 どうしても、速度が出せない車がいるので、仕方が無く追い越すことがあります。 今朝は、ちょっと考えさせる状況だったので、報告したいと思います。

比較的に長い登り道です。 走行速度は、人によってまちまちです。 あまり早い速度を出したくない方は、道を譲ってくれます。 しかし、後方を見ずにマイペースの運転を続ける運転手が偶にいます。

登山路で追い越しし易い場所があるので、そういう車を追い越したのですが。 なんと、その追い越された車は、追いされた後、何故だか、速度を上げて、私のの車を追いかけてきました。 最初から、そういう速度を出してくれれば、追い越したりはしないのですが。

峠を越えた後、狭い山道が近道となっているので、最近はいつも通っています。 その車も同じ方向だったのでしょう。 私に続いて、その山道に入ってきました。 でも、気にしていませんでした。

そうなんです。山道にはいったら、その車は着いて来れません。 まもなく視界から消えてしまいました。 運転技術というものは、こういうものです。 ちゃんと、自分の運転技術をもっと正確に把握して欲しいものです。 そして、必要に応じて道を譲る気持ちを持って欲しいものです。 運転する資格は、そういうものでしょう。

因みに、制限を超えてスピードを出す運転手が偶にします。 私は、そういう方には、快く道を譲っています。 そういうものでしょう。

1月21日(木)

偶々、ネットニュースで見かけたのですが。 2002 NT7という小惑星の話題が出ていました。 来月の始めに地球に衝突する可能性が予測された小惑星でした。 その後、可能性が無いという観測結果から、話題とならなくなったのですが。 そのニュース記事は面白いことを書いていました。

実際に衝突が避けられない事が判明したらどうなるか。 人々はパニックとなり、最悪その情報の為に死者が出る、事もあり得ます。 だから、実際に衝突が免れなかったとしても、衝突するという報道はされなかったはずだというのです。

衝突の可能性があれば、近付いてくる訳ですから、予測の精度もあがります。 だから、世界的に政府・行政の行動が無いということは、心配はないのでしょう。 とっても面白い記事だと思いました。

1月20日(水)

今年最初のスーパームーン 亡き父の一眼レフカメラの遺品を次々に更新しています。 念願のフルサイズ一眼レフカメラを入手しました。 クラスとしては、ローエンドに分類されている機種ですが。 ニコンのD600という機種です。 父が残してくれたレンズの実力がやっと発揮できます。

良い被写体が思いつかずに、何と無く近くの高台から撮影してみようとしていました。 どちらかというと、西に向いた斜面で撮っていたのですが。 帰り掛けに東の空を見ると、大きな月が見えました。ほぼ満月です。 これはいいチャンスだと、急いで帰宅しました。 月の撮影には、三脚が必要なのです。

殆ど衝動的な撮影でしたが。 自宅近くで撮れたので、自宅から見える山から登ってすぐの写真が撮れました。 以前から月の出からすぐの写真。 つまり、山の上から出ると高度が高いので、大気の影響も最小限にできる。 そういう写真が撮れました。

自分としては、まだまだ、本番撮影とは思っていませんが。 まずまずの写真と紹介いたします。

後で調べると、今日の月は、スーパームーンでした。 来月はもっと近づくので、連続したスーパームーンの様子です。 偶々のラッキーでした。

1月19日(火)

帰宅すると、佐世保市役所から2通の郵便物が届いていました。 一つは、国民健康保険の課税額の決定通知。 就職したので国保から企業の健保に変更となりました。 だから、清算が発生するという通知だったのです。 昨年の8月22日の記事に報告しましたが。 市役所の手違いで8月に多額の保険料を支払っています。 当然の様に、還付の内容となっていました。

もう一通の郵便物を見てなんか驚きでした。 内容は、還付通知で驚きではありません。 何で同じ組織からの同じ内容なのに、別々に、しかも同時に届くのでしょうか。 郵便なので、1通82円の費用が掛かります。 まったく無駄に、82円をドブに捨てているのです。

還付してもらうのは当然。 最初から分かっていたのですから。 最初から払う必要が無いと分かっていても支払った、いや、支払わされた保険料。 還付されるまでの金利を計算してみました。 10月末の支払いから必要ありませんでした。 そして、12月末まで支払いました。 2月1日に還付されるとして、金利を5%として計算しました。 支払が滞った時に請求される金利です。 計算すると、利息は、300円を超えました

その点を問題視することはありませんが。 マイナンバー制度で合理化を目指す地方自治だと思うのですが。 まだまだ、勉強が足りないと感じるのは、私だけではないでしょう。

1月17日(木)

職場には、食堂がありません。 そういうことで、普段は家内のお弁当を持って行っています。 時々、家内の都合とか、おかずやごはんの都合でお弁当がありません。 出社日で外食の報告をしている日は、いつもそんな日です。 今日も、お弁当がありませんでした。

金から亭のカツ丼 そういう時は、比較的に近くにある金から亭の定食がいつもの昼食です。 最初から気になっていた、かつ丼を頂きました。 名前の通りにから揚げが売りのお店なのですが。 看板料理は、金から定食親子丼です。 私の好みの金から丼から入り、看板料理の金から定食と親子丼。 それから名前から興味を引く最強定食を頂きました。

私は、前から言っている様にチキンカツ丼が大好物です。 そんな中、次点としてかつ丼は、上位の候補となるのですが、何故だかこれまで我慢してきました。 そうやってやっと有りついたカツ丼でした。 価格は、690円(税別)です。例えば最強定食670円(税別)よりも高い商品です。

とても美味しかったと思います。ここの丼たれは、から揚げのお店だとは思えません。 美味しい蕎麦屋の丼と並ぶほどの美味しさだと思います。 ただ、親子丼と殆ど同様に、タレの掛け具合が偏っていました。 つゆだくだと思って食べ始めると、反対側はつゆがない。 今回は、最初から分かっていたので、混ぜながら食べましたが。 残念ながら、店内で一番高い商品なのに、その価値は感じませんでした。 もちろん、美味しかったのですが。

1月16日(水)

自己中心おばちゃんドライバー この写真、どういう写真に見えますか。 夕暮れに早目にヘッドライトを点灯した対向車? それとも、正面衝突直前のシーン?

今朝、出勤途上でのドライブレコーダーの写真です。 つまり、既に明るくなってヘッドライトは消えている時間帯。 つまり、対向車のパッシングのシーンです。 なんでパッシングしたか想像できますか。 私は、既に駐車車両の横を通り抜けようとしています。 距離感から分かると思いますが。 私が此処を通り抜けようとした頃に近付いてきた対向車でした。

写真だと、パッシングしか分からないと思いますが。 この対向車は、なんとクラクションも鳴らしました。 この後、右手に見える電信柱の横の止まった対向車と私の車は問題無くすれ違ったのですが。 何の為に、この対向車は、パッシングして、クラクションを鳴らしたのでしょうか。

この道は、佐世保北部の大野地区と国見峠を結ぶ国道298号線の裏道。 裏道のまま、佐世保市街地近くまで行けます。 国道は、交通信号の接続が相当に悪いので、多くの運転手が利用しています。 私はこの沿線に住んでいるので、生活道路なのですが。 柚木地区辺りから佐世保市街地を行き来する通過利用の運転手が多数利用しています。 狭い道なのですが、利用者の多くは、そういう仕組みを理解して、譲り合いの精神で運転しています。 それ程上手でなくても、マナーは徹底していると感心しているところでした。

この運転手が何故、そういう行動をとったかを、この画像で分析すると何となく原因は分かりました。 この運転手から見ると、狭い区間は、電信柱の所から始まって、駐車車両までの区間だと感じた事は想像できます。 そして、対向車の運転手から見ると、駐車車両は、自分から見て右側に止まっている。 だから、私が道路中央をはみ出して運転していると勘違いした様子です。

誰が見ても分かると思います。 この狭い区間に相当に早く入った私に、先入権があると。 対向車に手前で待つ必然性があることも。 そして、電信柱の場所で車はすれ違ったのだから、狭い場所は、駐車車両の部分のみだったのだと。

対向車の運転手は、40代のご婦人という感じでした。 私は、下手な運転手は狭い道を走るなという主義です。 朝一番に、こういう運転手とすれ違って、とんでもない一日だと感じるシーンでした。 でも当然の様に、運転の平常心には、まったく影響しませんでした。

このブログは、マイナーなので、こういう方が目にする可能性は無いと思います。 しかし、是非、状況を正しく判断し、周りに迷惑を振りまくことは避けて頂きたい。 そして、そういう事をするなら、運転免許は返上して欲しい。 それが、社会の為です。




以下、フッター